福岡久留米の耳鼻科【田中耳鼻咽喉科】です。鼻・耳・喉の事ならお気軽にご相談ください。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

▼過去の記事



田中耳鼻咽喉科
〒839-0861
福岡県久留米市合川町字水生町1512-1
TEL.0942-46-3387
できないヒトはやっちゃダメ
| コメント(0) | トラックバック(0)
以前からたまーにネットに出てくるアメリカの耳掃除ガイドライン

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170504-00010003-giz-prod

原本も読みましたが、ひとことで言うと "耳掃除は押し込むだけになることが多いから、しないでね" という内容です。

常々感じるのですが、耳垢除去は鼓膜切開や鼓室換気チューブ留置よりよっぽど難しいものです。外耳道の形も様々で、耳垢の性状も様々ですし、子供の耳垢掃除や外耳道アレルギー併発例はさらに困難。以前耳垢除去に要する時間を計ってみたところ、両側で平均7分間かかっていました。

私は毎日15人-20人くらい耳垢除去していますので、20人X7分、2時間くらい顕微鏡の前に座っています。

小児科や驚くべきことに一部の耳鼻科医も、上記のガイドラインを基に耳掃除は不要!なんて言います。耳垢は放っておいても出てくるから、なんて。

違うんだな。

できないヒトはやっちゃダメなだけで、できる人がやらなきゃいけないんです。ただ "本当の耳掃除" に実は結構なスキルが必要ということ。ましてや耳垢が勝手に耳の外に出てくるはずもなく(笑)

取りすぎる必要は全くありませんが、溜め込みすぎる必要もまたありません。ある程度鼓膜が見えなくなったり、痒みがでてきたら、技術を持った人が適切に除去するというのが正解です。

たかが耳垢、されど耳垢。

耳垢除去をしなければもっとたくさんの患者さんを見ることができますが、流れ作業的な外来診療をしてもしょうがないですしね。




ちょっと、、なあ。
| コメント(0) | トラックバック(0)
以前一度保育園の投薬問題を取り上げました。

昼食後に服薬させるのは大変なので、一日二回の薬にするよう保育園から親に伝えられていたというものです。鼻炎薬などはいいのですが、抗生剤は一日二回タイプは切り札的なものが多く、結果的に軽度の細菌感染症に大事な薬が使われてしまって効きにくくなることを書きました。

今回は中耳炎治療の一つである中耳換気チューブ留置です。
CIMG2652-thumb-590x456-1182.jpg
鼓膜にシリコン製の小さなチューブを入れることで中耳炎を抑える治療法です。上段の処置直後と比較して、下段の一週間後は鼓膜が綺麗になっています。

この治療後は中耳炎になりにくい状態となりますが、まだ免疫力が弱い乳幼児は中耳炎を再発し、その場合は外耳道から鼻汁が流出します。その場合細い管をつかってチューブの奥を洗浄すれば炎症は落ち着きます。抗生剤の使用量を減らして聞こえを良くするのが目的の治療法ですので、中耳に細菌が貯まりっぱなしにならないよう、流出させて洗えばいいのです。

某保育園の看護師が耳漏がみられた園児の親に対し、"チューブを入れて耳漏が出ると将来耳が聞こえなくなりますよ"と伝えたようで、親が不安に駆られていました。勿論そんなことはあり得ないのですが、もっともらしく言われると信じてしまうのは人の性ではあります。

自分が子供の頃、スイカの種をたくさん飲みこむと盲腸(虫垂炎) になるよ、とまことしやかに言われていましたが、そのレベルの話です。そういった"看護師"は個人的には"丘サーファー"だと思っています。波に乗ったことがないのに浜辺でサーファーに対しあれこれ批評をしている類です。ま、世の中にはよくある話し、でした。。

お口直しに Vリーグ女子、
DSC_0228.jpg

と、
DSC_0187.jpg
逸の城でも!

スポーツは生観戦が最高です。


東大オープンキャンパス
| コメント(0) | トラックバック(0)
高1の子供が東大オープンキャンパスに行きたいとのことで、8/4は朝一の飛行機で東京へ。

年末年始の紅白以来です。

モノレールで浜松町→山手線で有楽町→地下鉄日比谷~根津で東大本郷キャンパスに到着です!
赤門はうっすら赤い。
IMG_20160804_105459.jpg
奥に進んでいくと、安田講堂。
IMG_20160804_104510.jpg
私が生まれる前、1969頃の安保闘争の舞台です。テレビや新聞で何度も見たことがありますが、実物はなかなかの迫力。この裏手階下に学食があります。2回程覗きましたがかなり人が並んでおり断念、、

学生課の入り口もいちいち歴史を感じさせてくれます。
IMG_20160804_112907.jpg
学部説明会の会場に保護者は入れませんので、構内を散歩したり、ポスターで研究発表をしているポスドクの先生達とお話したりしつつ、結構楽しめました。個人的に得意な分子生命科学は10年くらい前からの発展がいくつか見られ、ヒトゲノムの全長解析後の応用がかなりそそられました。

最初はアマチュアと思って分かりやすく話をしてくれるのですが、深い話になってくると火がつくのか鋭く議論してきます。切り替えの早さ、こちらからの疑問をしっかり咀嚼して無駄なく説明してくれるところはホント頭の良さを感じました。
IMG_20160804_133609.jpg
スズメまで賢くみえますよ(笑)

こういう人たちと一緒に分子生命の研究ができたら楽しいだろうなあ。

15時半に東大を後にして福岡に戻ります。
IMG_20160804_175319.jpg
羽田の18時。やっぱり日暮れが早いですね。

オープンキャンパスについて行っても退屈なだけかと思っていましたが、自分もいい刺激を与えてもらえました。東大、いいところっぽいです。子供にも行ってもらっていいのですが(受かれば)、地震が心配ではあります。

話変わって大分高校のマネージャー首藤さん、いきものがかりの吉岡さんに似てる気がします。
4大分.jpg

か、かわいい、、
新幹線再開!
| コメント(0) | トラックバック(0)
昨日熊本までの新幹線が再開したとのことで、朝から熊本へ。

1時間に1本程度ですが、満員という程の混雑ではありませんでした。
s_IMG_20160424_080616.jpg
玉名から熊本駅が徐行なので、通常30分のところ、今日は50分かかりました。熊本駅が近づくとくすんだ感じになった熊本城が見えたり、屋根にブルーシートがかかっていたり、古い家屋は壁が落ちているところも多いようです。
s_IMG_20160424_090051.jpg
駅は一見無傷ですが、新幹線乗り場のエスカレーターは使えず、地面はいたるところがひび割れており、色んなものが歪んでいます。神戸でみた震災の保存展示と同じような感じです。

3号線に向かって歩いていくと、白川にかかる大きな橋がいきなり通行止め。かなりダメージが大きいようです。
s_IMG_20160424_090450.jpg
ここは多分通称産業道路で、渋滞情報によく出てくるところだと思います。下流の橋から路地裏を通って3号線に出ましたが、家屋判定士が一軒ずつ緑、黄色、赤の紙を貼っていました。これをみると自宅に帰れず避難している方が多いのも納得です、、

八代方面に歩くと一番被害が大きかったのは一階部分が空洞の建物でした。
s_IMG_20160424_093055.jpg
益城の方は農家の建物が多く、地元の方に聞くともっとひどい状況で、完全に倒壊した建物が並んでいるそうです。これは怖かったと思います。市内をぐるーっと歩いて駅に戻りました。
s_IMG_20160424_121906.jpg
おみやげ売り場は再開していましたので、持てるだけ買い込んで帰宅。やはり自分の目で見ると大変な状況が身に沁みて分かります。飲食店はミスドしか開いていません。どうも給水の水圧が低く、それがネックになっているとか。
s_IMG_20160424_123602.jpg
一歩ずつ前へ。
予感
| コメント(0) | トラックバック(0)
普段目的なくクルマに乗ることはあまりないのですが、4/10の日曜日は吸い寄せられるように熊本~湯布院を運転していました。

熊本ICから57号線を通ってミルクロードへ。大観峰を経由してやまなみハイウェイから湯布院へ。210号で久留米へ。

何年振りかも分からないくらい久しぶりの道ですし、曇り空でしたが気持ちのいい運転でした。

その4日後、5日後に地震の一撃。2発目は久留米でもいろんなリスクを感じるくらいの揺れでした。熊本で被災された方の恐ろしさはいかばかりか。人間だけでなく、ペットも家畜達も。道中で見かけた牛たち、水がなくて命を繋ぐことができないかもしれないという話を聞くとなんとも言えないやるせなさを感じます。

人間である以上いい面も悪い面も併せ持っているのは当然ですが、火事場泥棒のような報道を目にすると脱力感を感じます。

産まれたときに分かっていることは、いつか死ぬということだけ by 長谷川平蔵  

諦めという意味ではなく、いつか命は途絶えるのだから、それを念頭に置くと日々やるべきことが朧げでも見えるよ、そんな感じの開き直りをすべき時なんでしょうね。次またどこかが大地震に見舞われるかも、そればっかり考えてちゃしょうがない。備えはするとして、その上できっちり日々を過ごすのが大事。

熊本は県民皆さんが被災者という状況かと思います。コツコツ再起してより強固な都市へ生まれ変わりましょう!今はそういう意志は持てないでしょうが、いつか必ず。
違和感
| コメント(0) | トラックバック(0)
 少し前にニュースで見て気になっていた記事があります。

2013年の12月に富士山の9.5合目、標高3500mで55歳男性(京都府勤労者山岳連盟)が滑落し、静岡市消防航空隊がヘリで救助を試みるも吊り上げに失敗、死亡したという記事です。

ここまでであれば、亡くなった方、救助が上手くいかなかった救助隊員ともに残念だったろうなあ、、なのですが、、

なんと、昨年12月に京都市の遺族が静岡市に対し訴訟を起こした、というニュースでした。これはかなり違和感を感じ、フォローしていました。本来救助に向かうはずの静岡県の山岳救助隊ヘリが整備中で、協定を結んでいた静岡市のヘリが救助に向かうことになり、その救助隊は3200mの高度までしか救助訓練を経験していないそうです。

遭難当日は強風で、救助隊員は調査に対し急に体が動かなくなったと述べており、低体温か低酸素(装備はしっかりしていたはずなので、低酸素か?)だったと考えられます。そんな中吊り上げるときに対象者が転落、そのまま救助を継続できず翌日に現場で亡くなっていたというものです。

平地で考えると、ちゃんと吊り上げれば助かったはず、と考えたくもなります。しかし高度3500mの強風、ヘリのホバリングも難しい山肌近くで、もう一度吊り上げにトライするのは難しかったであろうことも容易に想像できます。

これ、遺族は静岡市と救助隊に感謝こそすれ、訴訟を起こすとは、、、

冬期登山が禁止されている富士山で登山した者に、文字通り命がけの救助活動を行い、その結果に対して訴訟を起こされる。

静岡市は3200m以上の遭難者に対しヘリを出さないことを決めました。   ←そうなりますよね。

第一回口頭弁論は2/5。徹底的に戦っていただきたいと思います。



雪!
| コメント(0) | トラックバック(0)
5年ぶりの積雪、しかも昼前になっても溶けていません!
s_IMG_20160124_102259.jpg
今日は長女の高校入試、ジムニーの四駆モードで問題なく近所の高校まで移動できました。
校門の前にはテレビカメラも数台みられ、風物詩的な撮影をしています。この景色の中受験
したのはきっと記憶に残るでしょうね。

ジムニーは積雪が多い地域の山間部で活躍しているクルマだとは聞いていますが、妙に納得です。
スタッドレスタイヤにすればどこでも行けそう。

しかし明日の朝は大丈夫なのかな??
紅白
| コメント(0) | トラックバック(0)
人生初の生紅白をNHKホールで見てきました!
s_P1000367.JPG
座席は当日抽選なのですが、くじ運の強いひとが8列目を引いてくれまして、有村架純や長澤まさみの5列後ろで
紅白を見れるという幸運。
s_P1000381.JPG
この18番というのがちょうど真ん中でして、歌手の皆さんが目の前で歌います。それまで聞いたことのない歌手も
生で聞くといいもので、、

特にmiwa、superflyは声量がすごく、迫力がありました。世代的に今井美樹、レベッカがよかったのは言うまでもありません(笑)
とはいえ年齢が上がると肺活量も減りますし、声帯のテンションも落ちますので、迫力の面では若手に勝てません。

大好きないきものがかりはタオルをもっていると曲紹介の合間に手を振ってくれました!いいなあ~やっぱりかわいいな~

2015年の運は完全に使い果たした感じです。でも大丈夫!年は明けました。

それにしてもパワーを貰って帰ってくることができました。皆様今年も宜しくお願い致します。

↓皇居前広場
s_P1000375.JPG
ついでに箱根駅伝のスタートを見に行けばよかった、、、
おしり拭きウォーマー
| コメント(0) | トラックバック(0)
なかなか取れない耳垢を取りやすくしてくれる液体、耳垢水と呼んでいますが、寒くなってきますと当然冷たくなります。

そのまま耳に入れると刺激で短時間のめまいを誘発するため、これまでは握って温めたりしていました。

そこでこれ、おしり拭きウォーマー
s_P1000319[1].jpg
耳垢水を適温に温めてくれるため、内耳への温度刺激がなく、外耳道のカビやできもの(真珠腫)も剥がしやすくなりました。

昨年10月に始まりましたスギ花粉の舌下免疫治療のシダトレンも、発売から1年が経過し長期処方が可能となりました。
これまで2週間に1回来院していただく必要がありましたが、先月から2か月分ずつ処方していますので、年に6回の通院で
OKです。薬の費用は変わりませんが、再診料や処方料を1/4にできますので、導入しやすくなりました!
高圧洗浄機 再登場.
| コメント(0) | トラックバック(0)

夏休み最後の日曜日。

 

湿度低めの快晴でしたので、昨年の秋に駐車場を洗いまくった洗浄機を久しぶりに使うことに。

 

ターゲットはこちら ↓

s_P1000292[1].jpg

クリニック南側の壁!隣のマンション駐車場が未舗装のため、こちら側だけ汚れが付いてしまうようです。

 

1時間経過

s_P1000295[1].jpg

 

3時間経過

s_P1000296[1].jpg

 

満足しました。台風来るなよ、、、汚れるから、、