福岡久留米の耳鼻科【田中耳鼻咽喉科】です。鼻・耳・喉の事ならお気軽にご相談ください。


田中耳鼻咽喉科
〒839-0861
福岡県久留米市合川町字水生町1512-1
TEL.0942-46-3387
急性疾患は確実に治療を行い、慢性疾患は増悪しないように治療を行っていきます。
清潔を保ったクリニックで気持ちよく診療を受けていただけるよう努めます。ご自身やご家族の疾患を理解し、"なぜこの内服、検査、処置が必要なのか"をなるべくご理解いただけるよう、お手伝いします。
お子様の治療につきましては、慣れるまではどうしても嫌がる処置があります。治療を進める上で重要な処置ですので、少しずつ慣れてもらい一歩ずつ治療し ていくように努めています。耳鼻科で行う処置は、疾患によっては内服以上に重要なことが多々あります。ご理解、ご協力をお願いいたします。
初回診察時は以下の物をご持参いただき、受付窓口までお越しください。
健康保険証 有効期限内の実物をご持参ください。(※コピー不可となっております)
各種医療証 後期高齢者医療受給者証・乳幼児医療費受給者証・公費受給者証等をお持ちの方はご持参ください。
お薬手帳など 日常的に薬を服用されている方は、毎日飲んでいる薬をご持参ください。
また、今までに飲んだ「薬の種類・名前」「量」「日数」などがわかるもの(お薬手帳や処方内容を記したもの、あるいはお薬のシート)がございましたら併せてご持参ください。
紹介状 他の医療機関などで発行された紹介状をお持ちの方は、健康保険証と共に受付窓口へご提出ください。
01- 上記必要書類をご持参の上、受付窓口へお越しください。
02- 問診表に必要事項をご記入いただいた後、お名前が呼ばれるまで待合室にてお待ちください。
03- お名前を呼んだ後、診察室までお連れいたします。
04- 医師からの診療をお受けください。

※2回目以降の患者さんは診察シートへの記入は必要ありませんので、受付後、待合室にてお待ちください。

※お薬の処方がある場合は院外薬局でお受け取りください。

※他科受診や他院受診が必要な場合は紹介状を作成します。

※お薬での症状、所見の変化や副作用を確認できませんので、当院では診察なしでの薬剤処方は行なっておりません。予めご了承ください。

耳、鼻、のどの気になる症状があれば一度来院してください。
耳が聞こえにくい
鼓膜の検査や聞こえの検査を行い、音の伝わりが悪いのか、音を感じる部分が悪いのかをみます。悪い部位によって治療方法が異なります。急に聞こえが悪くなったり、耳が塞がった感じがする場合は早めに受診するほど治る確率が高くなります。

耳が痛い
耳の手前が悪いのか、耳の奥が悪いのかを確認します。耳以外の原因で痛くなることもあります。

耳鳴り
聞こえが悪くなると耳鳴りが起こります。聞こえが治れば耳鳴りも消えますが、年齢に伴う耳鳴りはなかなか消えません。いろいろな薬を組み合わせたり補聴器を使用したりします。
鼻水
水っぽいかどろどろかで治療方法が変わります。鼻への薬剤吸入や鼻洗浄が効果的なものがあります。

鼻詰まり
内服や処置でなおるものと手術が望ましいものがあります。

鼻血
繰り返したり止まりにくい場合は、手前の方からの出血であれば痛み止めをして電気で焼くと止まりやすくなります。奥の方の鼻血は手術や入院が必要になることもあります。柔らかい内視鏡で鼻の中を確認します。
のどの痛み
のどの浅いところ、扁桃腺、のどの深いところなど炎症の部位を確認して、必要があれば薬を使います。炎症止めの吸入も効果的です。のどのガンから痛みがくることもあります。煙草をたくさん吸うかたは一度のどの奥を確認してみるのもいいかと思われます。痛み止めをして鼻から細い管をいれて直接観察します。
めまい
急におこる、くるくるまわる、ふわふわする、動き始めにおこる、聞こえも悪くなったなど症状により悪い部分が推測されます。症状に応じて内服治療などを行いますが、早く治る病気と時間がかかる病気があります。
その他耳、鼻、のどの気になる症状があれば一度ご来院ください。